【他社比較】イングリッシュベルの料金・メリット・デメリット【オンライン英会話】

  • イングリッシュベルの特徴やメリット・デメリットを知りたい
  • 実際に利用してみた口コミ・評判を知りたい
  • 他社との比較を知りたい

イングリッシュベル(ENGLISH BELL)はDMEメソッドを学習できるオンライン英会話です。フリートーク目的の方は向いていません。一から徹底的にやり直したい人、計画的に学習できる人はイングリッシュベルを強くおすすめします。

\今なら無料体験レッスンが2回/

イングリッシュベルがおすすめな人
  • DMEメソッドを受けたい人
  • 英語を一から叩き直したい人
  • 計画的に学習できる人
  • 安定したネット環境を求める人
  • レベルテストを受けたい人
イングリッシュベルのメリット
  1. DMEメソッドを受講できる
  2. カリキュラムが多い
  3. 国際規格ISO9001基準の教育
  4. 整備されたインターネット環境
  5. 日常英会話コンテンツが多数
イングリッシュベルのデメリット
  1. 料金が高い(但し短期集中では優秀)
  2. レッスンの繰越不可
  3. 6時間以内キャンセルは×
  4. フィリピン人講師のみ
  5. 直前の予約を取りづらい

上記を他社と比較しながらご説明していきます。

目次

イングリッシュベルの料金プラン

プラン・料金(1回/25分)レッスン単価
毎月5レッスン
3,861円
毎月10レッスン
6,336円
毎月20レッスン
9,702円
毎月40レッスン
17,721円
毎月5レッスン
772.2円
毎月10レッスン
633.6円
毎月20レッスン
485.1円
毎月40レッスン
443円

オンライン英会話では珍しく月40回プランがあります。DMEメソッドで一から英語を叩き直したい方・時間に余裕のある方はイングリッシュベルが向いています。

メリット①DMEメソッドを受講できる

出典:イングリッシュベル

イングリッシュベル最大の特徴がDMEメソッドの受講です。DMEメソッドとは高速で質問・回答を繰り返す学習方法で、通常の学習方法と比べ4倍速で英語学習ができることが実証されています。カランメソッドは約60年前に発表されましたが、DMEメソッドは2009年に発表された新しい学習方法です。カランメソッドをベースに改良を重ね、文法まで網羅された学習メソッドです。

メリット②カリキュラムが多い

レベル別のカリキュラムを多数用意しています。自分のレベルにあった学習ができる点もイングリッシュベルの特徴です。

学習内容は以下のとおりです。各カテゴリからレッスン内容はレベル別に細分化されています。

メリット③国際規格ISO9001基準の教育

イングリッシュベルは採用後の講師の教育・研修を大事にしており、国際規格ISO9001の品質基準による管理体制で教育されています。日本の文化や習慣についての研修も受けているため、親しみのあるレッスンを受けることができます。

講師の資格など
国際規格ISO9001基準の
管理・研修プロセス
難関大学の現役大学生・卒業生
講師経験者
全員がビジネス経験者
全員が国際資格TESOL保持
有名大学出身
講師経験者
TESOL・TEFL保持者を積極採用

メリット④整備されたインターネット環境

快適な学習にはネット環境は重要です。音が聞きづらかったり、画面の不具合があると貴重な時間が無駄になってしまいます。イングリッシュベルでは安定したレッスンを受けられるように設備の整ったオフィスを構えています。

  • インターネット回線は2社と光ファイバー契約
  • 講師使用のパソコンやヘッドセットは最新スペック
  • 大規模な停電対策

上記により、時間を無駄にすることなくレッスンを受けることができます。

メリット⑤日常英会話コンテンツが多数

レベル別でコンテンツ多数用意しています。日常英会話・ビジネスのコンテンツに関してはトップレベルのコンテンツ数です。また日常英会話だけでなくビジネス英会話も教材が豊富に揃えられています。

クラス概要教材コンテンツ量
日常英会話生活のさまざまなシーンにおける基本的な英会話を学びます。Level1(初級下)
1-30
Level2(初級上)
1-30
Level3(中級下)
1-40
Level4(中級上)
1-40
Level5(上級下)
1-40
Level(上級上)
1-40
220教材
ビジネス様々なビジネスシーンを想定し、各シチュエーションで使える言い回し、語彙、ビジネスマナーを学びます。Dialogue(会話形式)
1-20
Article(記事形式)
1-30
The business story series
(ストーリー形式)
1-34
ESP lessons
美容院1-6
受付1-7
ホテル1-7
104教材

イングリッシュベルのデメリット

デメリット①料金が高い(但し短期集中では優秀)

プラン・料金(1回/25分)レッスン単価
毎月5レッスン
3,861円
毎月10レッスン
6,336円
毎月20レッスン
9,702円
毎月40レッスン
17,721円
毎月5レッスン
772.2円
毎月10レッスン
633.6円
毎月20レッスン
485.1円
毎月40レッスン
443円
イングリッシュベルがおすすめな人
  • 英語を一から叩き直したい人
  • DMEメソッドを導入したい人
  • 時間に余裕がある人
  • 計画性がある人

イングリッシュベルを利用する場合は私のおすすめはDMEメソッドです。DMEメソッドをベースとしないならイングリッシュベル以外で構いません。DMEメソッドをベースに、必要に応じて他のコンテンツを利用します。毎月40回受講にして英語を一から徹底的にやり直す方にはコスパ抜群のオンライン英会話です。

デメリット②レッスンの繰越不可

繰越
不可

デメリット③6時間以内キャンセルは×

イングリッシュベルはキャンセル規定が厳しいです。6時間以内のキャンセルはレッスン1回分消費になります。急な仕事が入りやすい方はイングリッシュベルはおすすめしません。

6時間前まで
30分前まで
30分前まで
30分前まで
12時間前まで
→ポイント50%

1時間前まで
→ポイント100%

無断欠席の場合
→ポイント200%
1時間前まで
1時間前まで
1時間前まで
30分前まで
30分前まで
12時間前まで

デメリット④講師の偏りがある

講師は全員フィリピン人講師です。さまざまな国のネイティブスピーカー講師と会話したい人はイングリッシュベルではなく別のオンライン英会話をおすすめします。

フィリピン人講師で英語力は本当に身につくかと言われると、「英語力は間違いなく身に付く。しかし、細かい発音はネイティブがいい」です。自分の中で目標を決めて、一定ラインまで学習を進めたらオンライン英会話を変更するのも一つの手です。

デメリット⑤直前の予約を取りづらい

講師が少ないため、事前に予約しておく必要があります。思いたった時にレッスンをするより、計画性を持って毎日朝・夜に固定するなど対策が必要です。

講師数(約)
100人
1300人
1400人
※カラン対応可能人数

今ならイングリッシュベルの無料体験が2回できる!

今ならレベルテストに加えDMEメソッドを体験できます。実際どうなのか悩む時間があるならすぐに試してみませんか?アニメ一話分の時間で友達より一歩進みましょう!

\今なら無料体験が2回/

まとめ(DMEメソッドで一から叩き直したい人向け)

今回はイングリッシュベルのメリット・デメリットをご紹介しました。イングリッシュベルは英語を一からガッツリ学習したい方にピッタリのオンライン英会話です。DMEメソッドで4倍速で英語学習しませんか?

イングリッシュベルがおすすめな人
  • DMEメソッドを受けたい人
  • 英語を一から叩き直したい人
  • 計画的に学習できる人
  • 安定したネット環境を求める人
  • レベルテストを受けたい人
Hanaso Bizのメリット
  1. ビジネスシーンに特化
  2. スピーキング力をAIが評価
  3. 講師がテキストを表示してくれる
  4. 日本語が話せる講師を選べる
  5. 直前の予約・キャンセルが可能
Hanaso Bizのデメリット
  1. 料金が高い(但しビジネス特化では優秀)
  2. ZOOM or Skypeが必須
  3. 画面調整に手間がかかる
  4. 国籍の偏りがある
  5. 日本人カウンセリングがない

\今なら無料体験が2回/

オタマ

参考になりましたら幸いです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる